「病院に行くお金がなく、周囲に相談できる人もいなかった」31歳母親が自宅出産し、新生児を放置死させた理由が胸糞すぎる…

メディア

NHKニュースによると、東京・足立区の住宅で年末に出産した赤ちゃんを放置して死亡させたとして、2日、足立区西新井のアルバイト、池田知美容疑者(31) が保護責任者遺棄致死の疑いで逮捕されました。

池田容疑者はシングルマザーで、「病院に行くお金がなく、周囲に相談できる人もいなかった」などと警察に供述しています。

授かった新しい命を放置するなんて、してはいけないことですが、やむにやまれぬ理由があるのだろう…

涙がとまらない話しであるこの事件ですが、新しい報道発表に怒りがこみあげる話しへと変わってしまいます。

この記事は、2020年新年早々に起こった東京都足立区の新生児放置事件について、また、この事件へのみんなの反応についてお話しします。

12月28日に自宅で出産、 「病院に行くお金がなく、周囲に相談できる人もいなかった」

NHKニュースによると、池田容疑者は12月28日に自宅で娘を出産して放置し、死亡させた疑いがもたれています。

警視庁によりますと、池田容疑者は先月28日に自宅の浴室で出産した女の子を放置し、元日に死亡させたとして保護責任者遺棄致死の疑いが持たれています。

池田容疑者は1人暮らしで、女の子を出産したあとも2階の寝室に置き去りにして、ふだんどおりアルバイト先に出勤し、元日にみずから119番通報したということです。

NHK NEWS WEBより引用。

池田容疑者は、「病院に行くお金がなく、周囲に相談できる人もいなかった」と供述しています。

働き方改革、賃金ベースアップなど生活を豊かにしようとする政策がすすめられている日本で、こんな悲しい事件があるなんて、放置されて亡くなった子供のことを考えると涙がとまらない事件です。

NHK NEWS WEB の事件報道動画

キャバクラとパチンコ店を掛け持ちでバイトしていた池田容疑者

NHKニュースでは報道されていませんでしたが、産経新聞によると、池田容疑者はキャバクラとパチンコ店を掛け持ちでアルバイトをしていて、12月28日~30日までの間放置していたようです。

同署によると、池田容疑者は1人暮らしで、12月28日朝に自宅の浴室で娘を出産したとみられる。同29日と30日はパチンコ店とキャバクラのアルバイトを掛け持ちし、長時間自宅を空けていた。

池田容疑者は「30日から娘の泣き声がかすれ、手足の動きが鈍くなっていた」などと供述。1月1日夜になって「子供が動かなくなった」と自ら119番通報し、駆けつけた救急隊が心肺停止状態の娘を発見した。

池田容疑者は妊婦検診を受けておらず、出産後も医療機関を受診していなかった。娘の体重は1360グラムほどだった。池田容疑者は出産後、薬局などで粉ミルクや哺乳瓶を購入し、娘にベビー服を着せていたという。

産経新聞より引用。

自宅で出産された新生児の体重を考えると、池田容疑者は妊娠中期で出産してしまったのではないかと考えられます。もしかすると、アルバイト先では池田容疑者の妊娠に気づいていなかったのかもしれません。

事件へのみんなの反応

同情的な意見が多いなかで、そうではない意見も。

涙がとまらないほどの悲しい事件であるはずなのに、父親がわからない、新生児を3日間も放置した、お金がないのであればなぜ行政に相談しなかったなどを考えると、どこにぶつけていいかわからない怒りがこみあげてきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました