【園児取り違え】福島県郡山市認定こども園はどこ?園児のマスク姿に先生も祖父母も気づかず

ニュース
Pocket

9月5日、福島県郡山市の認定保育園で、送迎バスから降りる園児を取り違えるという事件がありました。

ここ数日の間に、静岡県牧之原市の川崎幼稚園での園児置き去り事件など、送迎バスに関連した事件が毎日報道されています。

この記事は、園児取り違え事件があった福島県郡山市の認定こども園の場所について調べます。

福島県郡山市の認定保育園、園児取り違え事件のニュース

9月5日におきた福島県郡山市の認定保育園での園児取り違え事件のニュースをまとめると…

・今月5日、福島県郡山市内の認定こども園が園児を送迎バスで家に送り届ける際、添乗していた保育士が園児2人を取り違えて、保護者に引き渡した。

・園児は3歳の女の子で、祖父母に引き渡された。

・女の子は普段、祖父母と同居しておらず、帽子やマスクをしていたため、祖父母は取り違えに気づかなかった。

引用元:yahooニュース

バスに最後まで残った園児が降りる際に、保護者が気が付いたことで発覚した園児取り違え事件。

いくら同居していない孫で防止やマスクをしていたからとはいえ、迎えにきていた祖父母は気がつかなかったというのは腑に落ちないニュースです。

取り違えられた2人の園児の健康に異常がなかったとの報道ですが、2人の園児は最近入園したばかりで、添乗していた保育士も気がつかなかったなんて、ますます腑に落ちない事件です。

園児取り違えがあった福島県郡山市認定こども園はどこ?

福島県郡山市の認定こども園は、インターネットで検索すると7つありました。

福島県郡山市の認定こども園


・認定こども園こはらだ幼稚園

・希望ケ丘こども園

・エムポリアムこども園

・八山田こども園(学校法人 堀内学園 幼保連携型認定こども園 )

・吉野学園 わかば幼稚園

・菜根こども園

・みらい幼稚園


このうち、ウェブサイトで園児の送迎バスを運用しているのは3つのこども園。

送迎バスを運用している認定こども園

・認定こども園こはらだ幼稚園

・エムポリアムこども園

・希望ケ丘こども園

園児取り違えがあった福島県郡山市認定こども園は、「認定こども園こはらだ幼稚園」「エムポリアムこども園」「希望ケ丘こども園」の可能性がありますが、報道発表もなく、特定には至っていません。

園児取り違え事件への世間の声

福島県郡山市内の認定こども園でおきた園児取り違え事件に対して、世間ではどう感じているかTwitterで調べてみました。

「マスクの弊害」「マスクを外して確認すべき」という声が多い中、保護者が顔写真付きの保護者証明書を持って行かないと、父母でも子供を渡してくれないという投稿もありました。

園児取り違え事件の再発を防止するには

今回の園児取り違え事件を防止するにはどうしたらよいのか。

それは、添乗の先生も、迎えに来ている保護者も「マスクを一瞬でもいいから外して、顔を目視確認する。」「バスから降りる際に、こどもに名前を言ってもらい、確認のうえで保護者に引き渡す。」の2点を徹底すべきだと思います。

こども園では顔写真付きの名簿を作るなどして、再発を防止するとのことですが、このような事件が2度と起きないようにして欲しいと願います。


最後までお読みくださりありがとうございました。

Facebookに戻る

Facebookにいいね!・フォローで応援お願いします!
Facebookにいいね!・フォローで応援お願いします!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ニュース
motokenをフォローする
motokenblog

コメント

タイトルとURLをコピーしました