【ALS嘱託殺人】40歳になっても漫画と現実の区別がつかない容疑者の医師「今すぐ死んで欲しい老人を消す方法」を販売。逮捕される前には闇深すぎるツイートも…

気になるニュース

ALSを発祥した京都市の女性に薬物を投与し、殺害したとして、2人の医師が逮捕されました。

逮捕された2人の医師の内の1人が、「寝たきり高齢者は棄てるべき。社会資源の無駄」などと優勢思想とも思える主張を繰り返し、Amazonで扱いに困った高齢者を「枯らす」技術という書籍を販売していたことがわかりました。

扱いに困った高齢者を「枯らす」技術

扱いに困った高齢者を「枯らす」技術:誰も教えなかった、病院での枯らし方

ALSを発祥した女性に薬物を投与し殺害した容疑で逮捕された、山本直樹容疑者がAmazonで販売していた書籍です。

認知症で家族を長年泣かせてきた老人、ギャンブルで借金を重ねて妻や子供を不幸に陥れた老人。

そんな「今すぐ死んでほしい」といわれる老人を、証拠を残さず、共犯者もいらず、スコップや大掛かりな設備もなしに消せる方法がある。

医療に紛れて人を死なせることだ。

病室に普通にあるものを使えば、急変とか病気の自然経過に見せかけて患者を死なせることができてしまう。

違和感のない病死を演出できれば警察の出る幕はないし、臨場した検視官ですら犯罪かどうかを見抜けないこともある。荼毘に付されれば完全犯罪だ。。

悪いことをした覚えがなくても、誰かに勝手に恨まれているかもしれない。

悪意に満ちた人に殺されてしまわぬよう、この本では、医療にまぎれた「医療犯罪」で殺されないようにするための知識を提供したい。

身を守る知識としてくわしい描写も入っている。読者の皆さんが、こうした知識を悪用してゆめゆめ誰かを殺害しないことを信じている。

病室に普通にあるものを使えば、急変とか病気の自然経過に見せかけて患者を死なせることができてしまう。

臨場した検視官ですら犯罪かどうかを見抜けない方法であるようなことを匂わせた紹介文ですよね。

医療にまぎれた「医療犯罪」で殺されないようにするための知識を提供する目的で書かれた本だと言うことです。

読者が「医療犯罪」で殺されないようにするために…

京都ALS嘱託殺人とは

全身の筋肉が動かなくなっていく神経難病の筋萎縮性側索硬化症(ALS)を発症した京都市の女性に薬物を投与して殺害したとして、京都府警が、嘱託殺人の疑いで、呼吸器内科医の大久保愉一容疑者(42)=仙台市=と、医師の山本直樹容疑者(43)=東京都=を逮捕した事件で、大久保容疑者は、厚生労働省の元医系技官として約7年半働いていたことが、関係者らへの取材で23日分かった。

また、医師2人のうち一人は、「高齢者は見るからにゾンビ」などとネットに仮名で投稿し、高齢者への医療は社会資源の無駄、寝たきり高齢者はどこかに棄てるべきと優生思想的な主張を繰り返し、安楽死法制化にたびたび言及していた。

捜査関係者によると、大久保、山本両容疑者は殺害されたALS女性=当時(51)=の担当医ではなく、会員制交流サイト(SNS)を介して知り合い、直接の面識はなかったとみられる。

yahooニュースより引用。

山本容疑者側の口座は、亡くなられたALSを発祥した女性側から150万円前後が振り込まれていたことも確認されています。

優勢思想とは…

身体的、精神的に秀でた能力を有する者の遺伝子を保護し、逆にこれらの能力に劣っている者の遺伝子を排除して、優秀な人類を後世に遺そうという思想。優生学の成果に立脚する。人種差別や障害者差別を理論的に正当化することになったといわれる

ウィクショナリーより引用。

ネットのコメント

こえぇよ

患者を救うとかじゃなくて差別思想からの中2発病かよ

まぁ長いこと医療の現場にいたらこうなるんやろな責められへんわ

ブラックジャックにおったな安楽死専門の医師

嘱託殺人で逮捕ってことは患者か家族に頼まれたんちゃうの

今まで何人殺してるんやろか

余罪いっぱい出てきそうだよな

暇人速報より引用。

大久保容疑者は、実際、漫画ブラックジャックに登場するドクターキリコに憧れていたといいます。

大久保容疑者の過去のツイートには、

やっぱりオレはドクターキリコになりたい。というか世の中のニーズってそっちなんじゃないのかなあ

刑法の本とかをかじったが、自殺幇助がなんで罪になるのかがよくわからん

俺がもし開業するなら、ドクターキリコしかないなといつも思う。自殺幇助になるかもしれんが、立件されないだけのムダな知恵はある

というものがあり、また、逮捕の直前には、塀のなかで受験勉強でもして東大生になればリセットされるかなあと闇深いツイートをしていました。

ツイートをみていると、精神を患っているのか、中二病なのかという印象ですが

事件の真相究明に期待しましょう。

この記事がよかったらシェアしてくださいね。

参考:yahooニュースウィクショナリー暇人速報

コメント

タイトルとURLをコピーしました