「おにぎり屋さん知らない?」買い物帰りに出会った86歳のおばあちゃん。その後の展開に「なんか泣けた」「素敵すぎる」

感動する
Pocket

「買い物帰りに、86歳のおばあちゃんに声をかけられた。」
Twitterにとても素敵なお話が掲載されていましたのでご紹介します。

迷子になったおばあちゃんのお話しかと思ったら、最後には素敵な展開が待っています。

「おにぎり屋さん知らない?」買い物帰りに出会った86歳のおばあちゃん

買い物帰り、86歳のおばあさんに声をかけられ「おにぎり屋さん知らない?」。
午後7時過ぎにおにぎり屋‥?少し心配して案内がてら質問をいくつか。
お住まいも経路もはっきりおっしゃる。お店は案の定営業終了していたが、ご飯どうしようかしらと近所にいるらしい親戚にお電話。
これは大丈夫かと。

お役目終了かなと思ったら、ご親戚には忙しいからとご飯を断られてしまった様子。
ご自宅方向の大通りまでお見送りしようとしたら「この辺で美味しい店知らない?」と質問責めに。
いくつかおすすめを伝えたら「じゃあそこでちょっと一杯やろう」と見事なナンパテクニックで流れるように居酒屋へ。

元々は、お店のカウンターに飲んだ徳利をずらっと並べるほどの大酒飲みだったとか。
「本当はこういう居酒屋に行きたいけど、『女性一人はダメ』って何度か断られたの」。
私は断られたことはないな‥そうか‥。いつもの癖で「生ビール」と注文したらおばあちゃんが「私も」。

ご体調もわからないし、帰りもあるし、さすがにジョッキは大きいよなと慌てて「瓶ビールを二人で分けましょうか!」とチェンジ。
とにかくグルメな方で、寿司屋ならここがいい、中華ならここ、うどんならここ。「でも昔からの店は閉まっちゃってもうないの」。
だから人に会うたびにいい店を聞いていると。

今日探していたおにぎり屋も、以前テレビで見てわざわざ買いに来たらしい。
「家でも食べるけれど、もう作るのはしんどいのよ。こうやって外に出ないとお腹も空かないし、気が滅入るでしょ? 今からご飯行こうと気軽に誘える友達は近くにはいなくなっちゃったし。みんな死んじゃうもの」

ちびちび飲みながら、生まれ育った街のこと、疎開のこと、女学校の友達、ずっと習っていたお花の友達、月に1回浅草で会う友達。
たくさん聞かせてもらった。あっという間におばあさんのコップのビールがなくなって焦ったけれど、顔色や口調は変わらず。
本当にお好きなんだなあ

途中で、昔よく通っていたというお店の店主から、電話がかかってきた。
少し前にお店は閉めたらしいが、時々様子を聞くためにかかってくるそうだ。
「あんまりお電話しちゃダメかなと思ってかけなかったのよ」と嬉しそうにお返事していたおばあさん。
居酒屋は結局、鰹の刺身とトマトをつまんで出た。

お店を出たおばあさん、足元がふらつく様子はなく「さっきあなたが言ってた蕎麦屋はこの先?」。
ですです、ぜひ行ってみてくださいねと、タクシーを止めて、お見送り。
「誰かと楽しく美味しいご飯を食べる」。
人生のとても大事なことが詰まった時間を、ありがとうございました。よかったら、また。

引用元:Twitter

いかがだったでしょうか。
普段、何気なくとっている食事ですが、「誰かと楽しく美味しいご飯を食べる」ってとても大事だと改めて思うお話ですよね。

このお話しのネットの反応

なんか泣けた… どちらの立場にも感情移入しちゃうな。 優しい人でいたいな。

なんだか、涙が出てきました。 コロナ禍でコミュニケーションがなかなか取りにくい世の中ですものね。 やっぱり人は人で助けられて支えられるんだなと痛感しました。 素敵なお話しをありがとうございました。

誰かと楽しく話しながらご飯を食べる。って以前は当たり前だったけど、コロナになってからなかなか出来なくなって、出来なくなると仲間も回数も減っていき…今では年数回。 今までの日常がとても価値のあるものなのだと気付いた。 楽しいお婆さま、私もご飯食べながらお話聞きたいなぁ。

まるで、小説にでてくるような素敵なお話しですよね。

この記事がよかったらシェアしてくださいね。

Facebookにいいね!・フォローで応援お願いします!
Facebookにいいね!・フォローで応援お願いします!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
感動する
motokenをフォローする
motokenblog

コメント

タイトルとURLをコピーしました