16歳で不慮の死を遂げたサッカー選手に仲間たちがアシストした最期のゴール。彼の死の真相に心えぐられる…

気になるニュース

メキシコの16歳のサッカー選手が不慮の死を遂げました。

友人たちは、彼との別れに最期のゴールを決めさせる演出をします。

16歳で不慮の死を遂げたサッカー選手が決めた最期のゴール

16歳で不慮の死を遂げたサッカー選手、アレキサンデル・マルティネスさん。

仲間たちは、マルティネスさんとの別れを惜しんで、彼が眠っている棺にボールをぶつけ、ゴールを決めさせます。

その後、マルティネスさんが眠る棺に覆いかぶさり、仲間たちは大号泣しますが、彼の死には真相があったのです。

16歳のサッカー選手の死の真相

メキシコ南部オアハカ州で11日、警察官に誤って射殺された16歳のサッカー少年の葬儀が営まれ、チームメートらはひつぎにボールを当てて「最後のシュート」を決めさせ、少年との永遠の別れを惜しんだ。

地元報道によると、少年はアカトランデペレスフィゲロア在住のアレキサンデル・マルティネスさん。9日深夜、友人らとオートバイで買い物に出た帰りに警官に頭を撃たれた。麻薬カルテルのメンバーと間違えられたとみられる。

JiJi.comより引用。

16歳の未来あるサッカー選手が、警察官の誤射により頭を打ちぬかれた…

麻薬カルテルのメンバーと間違えられたとのことですが、マルティネスさんの死の真相に心がえぐられる思いです。

亡くなられたアレキサンデル・マルティネスさんのご冥福を心よりお祈りいたします。

この記事がよかったらシェアしてくださいね。

参考:twitter、JiJi.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました