安倍首相、硫黄島で土下座「踏みつけて申し訳ございません」滑走路の下に今も眠る先人への敬意に心打たれる…

気になるツイート

安倍首相が政権に戻り数か月後に訪問した硫黄島。

第二次世界大戦中に激戦が繰り広げられ、日米合わせて約5万人が亡くなったことで知られる島です。

安倍首相が硫黄島訪問を行ったときに撮影された1枚の写真が話題になっています。

安倍首相、硫黄島で土下座「踏みつけて申し訳ございません」

H・O(大仏)さんのツイートに投稿された1枚の写真。

安倍首相が、硫黄島の滑走路で土下座している様子が写っています。

ツイートには…

初めて拡散希望をします。無理にとは言いません。

一人でも多くの方に知って貰いたい事があります。

安倍総理が政権に戻り数ヶ月後硫黄島に訪れました。

滑走路の下には米国との戦いで戦死した人達の骨が埋まったまま。

「踏みつけて申し訳ございません」と土下座されたんです。忘れない。

小泉元首相、菅元首相、そして、安倍首相。

日本の歴代首相が訪問されている硫黄島。

硫黄島と言えば、第二次世界大戦で、日米合わせて約5万人が亡くなり、激戦がくりひろげられたことで知られています。

硫黄島の舞台を率いる栗林中将が、激戦に斃れる間際に、このような句を詠われています。

『国の為 重きつとめを 果たし得で 矢弾尽き果て 散るぞ悲しき』

硫黄島の日本軍は、約2万人。

対して、硫黄島に上陸してきたアメリカ軍は約6万人。後方には、さらに約10万人が待機していたとされています。

数の上では圧倒的に有利だったアメリカ軍ですが、硫黄島の戦いは、1945年2月19日から3月26日までと、実に約1か月間も戦闘が行われた激戦の島だったのです。

日本軍の死者約2万人のうち、遺骨収集が済んでいるのは、平成20年の時点で約8600人。

硫黄島には、今もなお、たくさんの先人の遺骨が未収集のまま眠っています。

硫黄島の戦い

硫黄島の戦い(いおうとうのたたかい、いおうじまのたたかい、Battle of Iwo Jima, 1945年2月19日 – 1945年3月26日)は、第二次世界大戦末期に東京都硫黄島村に属する小笠原諸島硫黄島において日本軍アメリカ軍との間で行われた戦いである。アメリカ軍側の作戦名はデタッチメント作戦(Operation Detachment)。

wikipediaより引用。

twitterのコメント

twitterのコメントには、安倍首相の先人への想いに共感する声が多数ありました。

また、安倍首相が、硫黄島の滑走路で土下座する姿に、気持ち悪いと思うという声もありました。

コロナの対策が遅いなどと批判ばかりが目に付く安倍政権ですが、私は安倍首相が硫黄島で土下座する姿、先人への敬意に心打たれました。

最後に、安倍首相が、平成25年4月14日に硫黄島を訪問された様子が所掌官邸よりyoutubeに動画投稿されていましたので、紹介します。

安倍総理 硫黄島訪問 – 平成25年4月14日

この記事がよかったらシェアしてくださいね。

参考:twitter、youtube、wikipedia

Facebookにいいね!・フォローで応援お願いします!
Facebookにいいね!・フォローで応援お願いします!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
気になるツイート
motokenをフォローする
motokenblog

コメント

タイトルとURLをコピーしました